転居手続き

転居手続きのまとめ 引越し前後にすること

引越しの転居届は、お住いの地域が変わる場合に引越し前後で行う必要があります。特に、都道府県が変わる引越しとなると、転出届や転入届を提出して住民票を移さなければなりません。

 

ただでさえ忙しい引越し作業は、荷物をまとめるだけでなく、役所にさまざまな届け出はつい後回しにしがちです。できれば、これらの届け出は効率良く一度で済ませたいですよね。そこで、役所での転居手続きについて知っておきたいポイントをまとめてみました。

 

役所での転居手続き

 

引越し前には転出届

 

まず最初に行う転居手続きは、これまで住んでいた自治体にすべき転出届です。

 

管轄の自治体に転出届を提出すると転出証明書が発行されます。これがないと引越し先で転入手続きができませんので注意が必要です。
手続きに必要なのは、運転免許証などの本人確認書類や印鑑です。また、国民健康保険に加入している場合は、転出届けと一緒に国民健康保険証を返却しなければならないので忘れずに持参しましょう。

 

転出届は引っ越し日の14日前から受け付けているので、余裕をもって手続きしておきたいですね。派出所など、手続きの場所によっては平日以外でも受け付け可能なところもあるので、調べておくとよいですよ。

 

引越し後には転入届

 

そして引越しした後の転居手続きですが、14日以内に役所に転入届をしなければいけません。

 

その際に必要なのは、転出証明書と本人確認書類、マイナンバーカードまたは通知カード、印鑑です。海外から引越ししてきた場合には家族全員分のパスポートも持参しましょう。
期日を過ぎれば過料(かりょう)といって罰金が課せられることもあるので、こちらも忘れずに届け出るようにしましょう。

 

本人以外の代理でも手続きできる?

 

転出届や転入届は、委任状があれば代理人でも受け付けてくれます。上記の必要書類の他に、代理人の印鑑や本人確認書類を持っていけばOKです。

 

引越し作業をしていると、重要なものが見当たらなくなることがよくあります。役所の届け出に必要なものは、ファイルにひとまとめにしておくと良いですよ。