転居する場合のパスポートの住所変更

転居に伴うパスポートの手続き

 

引越しをすると、運転免許証などさまざまな住所変更手続きをしなくてはなりません。

 

では、パスポートの住所も何か手続きが必要なんどえしょうか?もしも必要なら、他の手続きと一緒に済ませられたら良いですよね。そこで、引越し時のパスポート住所変更についてご紹介しようと思います。

 

パスポート

 

引越ししたらパスポートも手続きが必要?

 

結論からいうと、手続きが必要な場合と、必要でない場合があります。
引っ越しで単に住所が変わっただけなら手続きは必要ないのですが、本籍地が変わった場合、結婚して姓が変わった場合には、届け出の手続きが必要です。詳しく説明します。

 

届け出の手続きが不要な場合

 

引越ししただけではパスポートの手続きは必要ありません。

 

良く見てみると、パスポートに記載する住所は任意で記入するものなので、変更があっても届け出などは必要ないのです。2重線で旧住所を消し、余白に新しい住所を自分で記載すればOKです。

 

注意点としては、旧住所がわかるような状態で記載し直すことです。修正液などで旧住所を消したりするのはいけません。また、スペースがないからといって他のベージに書いたりすると、入国審査時にトラブルになる可能性があります。

 

変更の手続きが必要な場合

 

結婚や離婚などで本籍地の都道府県名が変わった時は、届け出が必要です。女性であれば姓が変わりますよね?この場合もパスポート変更の手続きが必要です。

 

パスポート変更手続きはどうすれば良い?

 

パスポート変更手続きは、まったく新しいパスポートを作るのと同じです。住民票のある都道府県のパスポートセンターに行き、古いパスポートは返納して、新しい番号の入ったパスポートを申請して作るのです。
申請時に必要なものは、申請書と、6ヶ月以内に発行された戸籍謄本または戸籍抄本、6ヶ月以内に撮影した顔写真(45mm×35mm)の3点です。

 

手続きするのは代理人でもOKですが、受け取りは本人のみとなります。また、申請から受け取りまで、最大8営業日必要なので、海外引越しの場合は余裕をもって早めに手続きしておくようにしましょう。

 

転居によるパスポートの手続きが必要になるのは、本籍地の都道府県名が変わった時や名前が変わった時にだけ必要ということでした。また、手続きの場所はパスポートセンターなので、他の引越し手続きと一緒にできるわけではありません。手続きが必要な方は忘れないうちに済ませましょう。