引っ越しのマイナンバー手続き

引っ越しのマイナンバーの手続き

「今回の引っ越し、マイナンバーの手続きははじめて」という人もいるかもしれませんね。まだ新しい制度なので、馴染みがない人もいるかもしれません。

 

「いつどこで手続きするか」このポイントを分かりやすくまとめてみました。

 

マイナンバー

マイナンバーの手続きはいつどこで?

 

マイナンバーの手続きですが、引っ越し後に、新居が属する役所・役場で行います。手続きの期間は、引っ越し後、14日以内です。
引っ越し後14日以内というのは、転入届と重なりますので一緒に手続きするといいですね。

 

必要書類は?

 

手続きの際の必要書類は、「マイナンバーカード」「通知カード」と本人確認書類、転出証明書です。それから印鑑も持参しましょう。

 

ご家族の分はまとめて手続きできるとしている役所が多いようですが、自治体の運営方針によるようなので、事前に確認してからでかけるといいです。場合によっては、世帯主の委任状が必要になるかもです。

 

同一世帯の家族以外の代理人が続きすることも可能ですが、この場合は委任状が必要になります。

 

 

引っ越したら番号は変わるの?

マイナンバーの番号は手続きしてもかわりません。カードも変わりません。新住所が追記されます。運転免許証の住所変更をイメージしてもらうとわかりやすいと思います。

 

注意!
転入届を出しただけでは、マイナンバーの手続きは完了しません。
90日以上に渡りマイナンバーの変更手続きを忘れていると、そのナンバーは失効してしまうので注意しましょう。

 

手続きしないと罰則とかあるの?

 

故意に手続きしない場合「過料」がかかることがあります。ただし、ネットの情報を読む限りでは「過料」かかったというのは見かけません。でも、その可能性は「ある」ということです。

 

もし、現状で14日を過ぎているなら、役所で早めに相談することをおすすめします。

 

海外に引っ越す場合は?

 

転居先が海外の場合は、住民票がなくなるのでマイナンバー制度は適用されません。転出手続きの際に、マイナンバーカードは返納となります。

 

単身赴任や大学生の一人暮らしの場合は?

 

マイナンバーカードの住所は、住民票と結びついています。そのため、住民票を移さなくてすむ状態なら届け出は不要です。
ただし、マイナンバーカードは、身分証明書の役割を果たしますから、不都合がある場合は、住民票の移動とともに、マイナンバーの変更手続きが必要です。

 

まとめ

引っ越しでのマイナンバーの手続きは、引っ越し後、新居がある役所で14日以内に行います。引越し前の手続きは不要です。

 

ご家族の分もまとめてできる場合が多いですが、念のため足を運ぶ前に確認してから出かけると安心です。