引っ越しの手続き一覧

転居に伴うパスポートの手続き

 

引っ越しは、荷物まとめ以外にも住所変更をはじめとしたたくさんの手続きをしなければいけません。そんな時には、チェックリストを作っておけば、漏れなく効率良くこなすことができておすすめです。
ここでは必ずおさえておいて欲しい引っ越しの手続きをまとめました。

 

引っ越しの手続き

 

役所(区役所・市役所・町内役場など)

 

引っ越し手続きといえば、まずは今まで住んでいた場所からの転出届です。
管轄の役所に行って、転出証明書を発行してもらいましょう。14日前から受け付けてもらえますよ。
発行された転出届けは、引っ越した先の役所で行う転入届の手続きに必要となります。転入届は、引っ越ししてから14日以内に行います。

 

電気、ガス、水道などインフラ

 

電気やガス、水道などにインフラも速やかな手続きが必要です。引っ越し前に利用していたそれぞれの会社に連絡して、使用を中止する旨を伝え、引っ越し先では使用開始の手続きをします。

 

引っ越しの3〜4日前までに連絡しておくと安心です。尚、引っ越し先が同じ会社であれば、使用中止・開始の手続きを同時にできることもあります。また、電話やインターネットプロバイダ、新聞などへも住所変更手続きをしなくてはいけません。他にも、学校に通う子供がいれば転校手続きも必要です。

 

銀行やクレジットカード

 

銀行やクレジットカードの住所変更手続きは後からでもできます。電話やネットで完結できる場合もありますが、住民票など引っ越し先の住所がわかるものが必要な場合もあります。
引越し後に、忘れないうちに行いましょう。

 

 

運転免許証

運転免許証は、同じ都道府県内での引っ越しであれば、管轄の警察署に免許証と転居後の住民票を持参して手続きをします。住民票は、住所を証明できるものがあればそれで代用でき、手続きは新住所が免許証の裏に記載されるだけです。

 

また、都道府県が変わる場合には、新たな免許証を作る必要があり、写真などが必要となります。

 

パスポート

パスポートは、住所の記載は任意なので基本的には自分で訂正するだけでOKです。

 

ただし、氏名や本籍に変更がある場合には、新たなパスポートを取得する必要があります。パスポートが必要な引っ越しの場合は、早めに手続きしましょう。

 

 

引っ越しの手続き | 役所ほか、いつまでに何をするかチェック!記事一覧

転居手続きのまとめ 引越し前後にすること引越しの転居届は、お住いの地域が変わる場合に引越し前後で行う必要があります。特に...

転居に伴うパスポートの手続き引越しをすると、運転免許証などさまざまな住所変更手続きをしなくてはなりません。では、パスポー...

引っ越しのマイナンバーの手続き「今回の引っ越し、マイナンバーの手続きははじめて」という人もいるかもしれませんね。まだ新し...